メンズ ポロシャツ 着こなし

メンズポロシャツの着こなし術

夏の暑い時期には定番となっているアイテムがポロシャツです。
ポロシャツの大きな特徴は衿が付いていて、
普通のシャツが裾までボタンが有る所、
ポロシャツは胸元までしか付いていません。

 

元々はポロの選手が着ていたことが由来であり、
1930年代にプロテニスプレーヤーがポロシャツを着たことで
一般にも爆発的に広まりました。

 

ポロシャツの素材としてよく使われるのは
通気性がよく吸水性も高い素材です。
例えば、コットンや鹿の子などです。

 

厚くて汗のかきやすい夏には欠かせないアイテムとなっています。

 

ポロシャツの着こなし方によって簡単にイメージを変えることができます。
例えば、ボタンの止め方。

 

ボタンを全部止めると上品な感じになりきれいめな印象をあたえる
事ができます。
ポロシャツはビジネスカジュアルとして使われることもあるので、
きちっとした感じになることもできます。

 

それからボタンを一つ開けると、
カジュアル感が増します。
ちょっと軽い印象を与えたいときにはボタンを外すと良いでしょう。

 

それからボタンを更に外すとワイルド、ラフな感じになります。
男っぽさを強調したいときにはボタンを2つ開けるのも良いでしょう。

 

それからポロシャツは色々なボトムスとの組み合わせができます。
デニムでもカーゴでもチノパンでも合うので
コーディネートに困ることはあまりないアイテムの一つですね。

 

特に無地のポロシャツの場合はどんなボトムスとも
合わせられるので夏には1着でも持っていれば便利ですね。